イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

災害対応型自動販売機って知ってますか?


風船

災害対応型自動販売機って知ってますか?

京都の岡崎公園で初めて見かけました。

大阪に住んでいるのですが、
一度も見た事がありません。


自販機

自販機に書かれている文字が途中で消えていて、
よく分からないのですが、
緊急時に自販機の飲み物を無償提供してくれる
ようです。


自販機がやたら目につく日本。
難しいことだとは思いますが、
すべての自販機がこのシステムになっていれば
と思うんですが〜ア。




スポンサーサイト
  1. 2017/09/09(土) 14:19:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展


イタリア・ボローニャ国際絵本原画展を見に、
西宮市にある大谷記念美術館に行ってきました。

平日だったせいか比較的館内は空いていました。


チラシ01


毎年、「今」描かれている作品を見たくて、
今年も見に行きました。

哲学的な物から、ユーモラスな、可愛さを求めた作品など、
色々な作品を一堂に見られるのはとても楽しいです。


ジャグジング

日本人が毎年、何人か入選しているそんな中、
アメリカの作家の作品をほとんど見る事ができませんでした。
巨大な人口(3億人)を誇る国で、
今年も一人だけでした。

アメリカのイラストの市場が大きいので、
この展覧会にわざわざ出展し、売り込みする必要がないのか、
またはこの原画展は、アメリカでは知れ渡っていないのか?
チョット不思議です。



特別展示のファン・パロミン(メキシコ)の
受賞記念絵本「はじまりの前に」の原画17点は
見応えがありましたよ。


  1. 2017/09/07(木) 14:43:27|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベトナムのTシャツいただきました。


先日、知り合いからベトナム
土産のTシャツをいただきました。


Tシャツ01

Tシャツ04

Tシャツ02

Tシャツ05


Tシャツ03

胸に描かれているイラスト、
どれも、ヨーロッパのイラストポイですよね。








  1. 2017/09/01(金) 15:25:06|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テオ・ヤンセン展を見に行きました。



三重県立美術館で開催されている、
テオ・ヤンセン展を見に行きました。

テオ・ヤンセン01

作品は風の力で動くモニュメントて感じです。
ムカデの様な何本もの足がザワザワと
動く姿を動画で見ると、まさしく新しい生き物をイメージさせます


テオ・ヤンセン02

まさにオランダの作者テオ・ヤンセンはこの作品を生物と見し、
そして年々バージョンアップしてきています。

テオ・ヤンセン03


作品は、ボルト、ナットは使わず、プラスチックの細い管をゴムと
結束バンドで曲げたり繋いだりして、複雑に組み合わせて
創られています。


テオ・ヤンセン04



オーストラリアから作品操作の専門家が来られ、
造形物を動かしてくれました。
コンプレッサーで作られて圧縮空気が作品に何本も
取り付けられているペットボトルに送られ、
張り巡らされた細いチューブをつたって
何本もの足がうごきだします。

ザワザワと脚が動いた時には、
見ている人からざわめきが起こっていました。
なかなかの迫力です。

strandbeest.jpg


実際に、押したり引いたりして、作品を動かす
体験もできました。

体験しながら、ふと、
足の不自由な人の介助に利用できるのでは
ないのかと思いました。






  1. 2017/08/14(月) 15:20:26|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩船寺に行きました。



岩船寺

先週の日曜日、アジサイを見に
京都の岩船寺に行きました。

アジサイ寺と呼ばれ有名なこの寺の
周りはうっそうとした木々で覆われています。

その中で、赤、青、紫、白色のアジサイが咲き乱れ
ているのを楽しみに行ったのですが、少し時期が早かった
ようです。
7分咲きというところでしょうか。

これからが見所のようです。

深い緑の中、三重塔の朱色が鮮やかで
印象的でした。


この地域に点在している石仏を見ながら
石像

浄瑠璃寺にも回りました。

この寺も木々に覆われ、大きな池と朱色の三重塔がありました。
本堂の中には、9体の仏様を祀られています。

池の側には灯籠が向かい合わせに立っていて、
互いの灯籠の穴から対岸の景色を望むと三重塔、本堂が
うまく収まるように設置されています。

額縁の中の絵を見るようです。

猫

梅雨の合間の日差しのなか、山里の散策楽しみました。



  1. 2017/06/25(日) 14:49:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。