イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「はちにち」

鳥

朝ラジオを聞いていたら、
若い女性アナウンサーが8日のことを「はちにち」と喋られていました。

先日も電車の中で青年が友人との会話の中「はちにち」と言ってました。

私は8日のことは「ようか」と言ってますが、今は
「はちにち」と言うのでしょうか?

アナウンサーが言ってたくらいなのですから、一般的になってるのかしら?

4日の「よっか」と紛らわしい時は「ようか、はちにちですよ。」と
言い換えて伝えることはありますが。

最近すこし気になっています。




スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 15:02:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サルスベリの木に花が咲いていました。

ニンジン

サルスベリの木に花が咲いていました。

ピンクのかわいい花です。

サルスベリ

朝のラジオの番組でサルスベリの木をくすぐると笑うとDJの人が話されていました。

「本当かなぁ?」今度また見かけたときには試してみようと思います。

また猿が平気でサルスベリの木に登るとも話してました。

サルスベリの語源は何なんでしょうね。






  1. 2010/07/29(木) 21:32:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

クマゼミの鳴き声です。

セミ

朝5時過ぎから「ジージーシャンシャン!!」と言う音で起こされました。

クマゼミの鳴き声です。

「夜が明けたとこやぞ! お前ら早すぎるんちゃうか!!」
まだまだ寝たい私には迷惑なセミです。

しかしどういう条件のとき鳴き出すのでしょうか。
気温によって鳴き出すとか何かで聞いた覚えがありますが・・・

知っている人いませんか。




  1. 2010/07/28(水) 22:16:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Cartoon Album」

役員

古本屋で面白い本を見つけました。
題名が「Cartoon Album」、洋書で1975~1985年までの
NEW YORKERに載せたイラスト、漫画をアルバムにした本です。

NEW YORKER


全て白黒のイラストなのですが、こうも色々なタッチがあるものかと驚くくらい、
落書き風あり、リアル風ありとみんな個性的で面白いです。

編集者も楽しんで掲載している様子が窺えます。

もちろん買いました。

ゆっくり眺めるのが楽しみです。



  1. 2010/07/27(火) 22:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「デカイ」腕時計

腕時計


若い人の間で普通の時計の一回り大きい「デカイ」腕時計をはめている人をよく見かけます。

先日も20代の男性サラリーマンが、左腕に普通の腕時計の1.5倍くらいありそうないかにも
「オモ(重い)、デカ」腕時計はめていました。

その青年の手首も普通の人に比べると相当太いのですが、
それでも時計の大きさが目立っていました。

リューズも大きく手首に当たってうっとうしいだろうなと
思いながら腕時計を見ていると「あれ~何かへん・・・」

リューズが普通の腕時計と反対側に、つまり左側に付いていました。

時計の設計者が手首の煩わしさを考えて左側に設計したのだろうと思うのですが。

それにしても、リューズが左側に付いている腕時計初めて見ました。



  1. 2010/07/26(月) 19:37:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

突然半分沈みました。

かぼちゃ

先日駅のホームでの出来事です。

電車に乗ろうと少し前を歩いていた中年のおばちゃんのからだが突然半分沈みました。

「え!え~っ!」なんと止まっている電車とホームとの間に片脚がズボーッと落ちていました。

驚きました!

慌てて回りにいた駅員の方が引っ張り上げていました。

おばちゃんにはどこにも怪我がなくて良かったです。

電車とホームの間の隙間の巾がそのおばちゃんの足サイズと
ぴったりあったみたいで、助けられたおばちゃんは足を隙間に当てて、
乗ろうと足出しただけやのに~と落ちた自分を不思議がっていました。

みなさん足元には気を付けて電車に乗りましょう。



  1. 2010/07/24(土) 09:04:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

赤い花

鉄塔

一年に一度一日しか咲かない花を頂きました。


周りの人に「花の名前は?」と聞いても誰も知りませんでした。

花

赤く分かりやすい形の花なのですが。

どなたか知っている人いませんか?





  1. 2010/07/23(金) 06:24:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「ボヘミアン・ラプソディ」

オブジェ08

海の日の休日に難波パークスに「青春ストリート」と
銘打った高校生のライブステージを見に行きました。

出演校は今宮高校ダンス部、住吉商業高校フォークソング部、
芥川高校和太鼓部、鶴見商業高校軽音楽部、京都光華高校軽音楽部

音楽ありダンスあり、和太鼓ありとどの学校の生徒も目を爛々と輝かせていました。

一人ひとりの素顔のままの笑顔のすばらしいこと!
ホント青春ど真ん中と言うのが見ていてガンガン伝わってきます。

それにしても光華高校の軽音楽部の演奏は、クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」
あの長く曲調が次々に変わって行く難しい曲を、
何のてらいもなく演奏し歌っていたのには一番驚きました。

往年のプログレファンとしては次の機会にはぜひともキングクリムゾンの
「クリムゾン・キングの宮殿」でも演奏して頂ければ最高なのですが。




  1. 2010/07/21(水) 22:46:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大きなショルダーバッグ。

出張


電車に白人の男性が乗ってきました。

大きなショルダーバッグと手提げの荷物。

席は空いてなくてパラパラ立っている人がいるくらいでした。
その人は荷物を地面に下ろすと躊躇なく地面に座り込みました。

バックパックの旅行者ではなく、カッターシャツを着た中年の
サラリーマン風の男性だったので意外な感じがしました。

かなり疲れていたのでしょうか?

それとも若者が所構わず地面に座り込む姿を見て、
日本の文化と思いまねたのでしょうか?

運よく近くの席があいて座られましたが。



  1. 2010/07/20(火) 22:32:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

大雨がやんでほっととゆう感じですネ。

街並

大雨がやんでほっととゆう感じですネ。

今年始めてセミ(クマゼミ)の鳴き声を聞きました。
あまり騒がしくなく心持ち小さな声でした。

あの激しい雨降りの中で蝉はどうやって雨宿りしてるのでしょう?

土の中で7年、地上で7日
という短い人生だというのに、その7日間が雨ばっかりで、
ギラギラの太陽の下で思い切り鳴けずに終わったりしたら…何だか哀しい…。




  1. 2010/07/16(金) 23:34:23|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太鼓を叩く子どもたち。

ペンギン


2~3日前に事務所の前を太鼓を叩く子どもたちを乗せた御輿?
それを引く50人ぐらいのこれまた子どもたちを見ました。

お揃いのハッピを着て、太鼓を打つ子どもたちは頭にお揃いの赤い烏帽子?

神輿

そういえば来週24~25日は天神祭。

子どもたちも祭りの練習をしているようです。




  1. 2010/07/15(木) 19:41:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ピンクの花が咲いていました。

犬

キョウチクトウの濃いピンクの花が咲いていました。
公園の外周に植えてありました。

害虫、大気汚染に強いと言うことで道路の街路樹としてよく植えられています。

本を読んで知ったのですが、木に毒性が有りこの木の枝を
バーベキユーの串代わりにして料理に使い中毒にかかったとか、
ペットの犬が枝を咬んで倒れたとか。
木を燃やした煙にも毒があるとかで注意が必要ですと書かれていました。

キョウチクトウ

結構危険な木が我々の身近に植えられているんですね。

毒があるからこそ害虫にもやられなかったり、



  1. 2010/07/14(水) 20:56:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

篆刻(てんこく)に初挑戦しました。

オブジェ07

篆刻(てんこく)に初挑戦しました。

高校で開かれた篆刻の講座に出席しました。

篆刻て書や日本画の左隅に押してある印のことです。

篆刻用の文字?がありそれを手本に自分の名前を彫りました。

子どもの頃アスファルトの地面にマンガを描いて遊んだ
蝋石に似た石(蝋石よりも固い)に、マイナスドライバーの
先のような彫刻刀で下絵に沿って彫っていきます。

結構力がいるし細かい線を彫るので彫刻刀があっちにいったり
こっちにすべったりでがたがたの線になってしまいました。

「これも味ですよ」と先生はおっしゃられるのですが、
どうみてもひどい出来になりました。

画数の多い六文字の名前の人は彫るのが大変そうでした。
でも仕上がりは文字というよりも紋様になっていてとても素敵でした。

画数も文字数も少ない私の名前、さあ!もう一度チャレンジしてみましょう!



  1. 2010/07/13(火) 21:32:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロシアングッズのバザー。

マトリョーシカ


先週の土曜日「日本ユーラシア協会」主催の
ロシアングッズのバザーを初めて見に行きました。

場所は谷町6丁目、毎年年2回開催されているとのことです。

ビルの中の小さな会議室のような所にロシア、グルジア関係の本、
ジャム、ワイン、ウオッカ、子どもの玩具等々が所狭しと並べられていました。

絵本を2.3冊手に取って見ました。

ロシア絵本

キャラクターの作り方や色目はやはりどくどくしいものを感じました。

その中でもおもしろそうな絵本を一冊買いましたが、
当然ながらロシア語は読めなくて話のストーリーが分からなくて残念です。





  1. 2010/07/12(月) 22:03:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「標章車専用」

リビング

初めて見ました。
パーキングの標識の下に「標章車専用」と言う文字。

標章車て何?

ネットで調べました。
「高齢者、身体の不自由な方、妊娠している方などのための専用駐車区間」

標章車

標章車ということばで上記のような人たちのためのスペースだと、
誰にでも伝わるのでしょうか?

意味がわからなくて普通の人が車置いたりしないでしょうか?

折角のスペースなんですから標章車の言葉とともに
ピクトグラム(絵文字)もわかりやすく表示してもらいたいです。



  1. 2010/07/10(土) 07:25:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「たて食う虫も好きずき」

イス果物

「たて食う虫も好きずき」と言うことわざご存知ですか?

今日、本を読んでいて知ったのですが「たて」ではなく「たで(蓼)」とのこと。

「たで(蓼)」てタデ科の1年草で特有の香りと
辛みのある葉で香辛料として用いられるそうです。

なるほど「たで(蓼)」みたいな辛みのある葉でも
大好きな虫もいるってことなんですね。
そこからどんなにアクのある人でも好きな人もいるもんや
みたいな意味で使われるんでしょうね。

本を読んで少し賢くなりました。




  1. 2010/07/08(木) 19:27:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

雨すごかったです。

セミ

今日の昼間の雨すごかったです。

ほんとに滝の様な雨が降っていました。
傘を持っていてもほとんど役に立たなかったのでは
ないでしょうか。

でも雨の上がった後の埃が払われたようなすっきりとした空気は好きです。
暑さも少しおさまって景色もクリアに見えるような気がします。

しばらくすると大雨が上がるのを待っていたかのように
セミが突然鳴き出したりするんですけどね。
それでまたムッと暑さを思い出したりします。

そういえば今年はまだセミの鳴き声を聞いていません。

去年の今頃は確か鳴いていたような気がするんですが。



  1. 2010/07/07(水) 19:10:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

スケッチ

水

昨日は色のことで少し書きましたが、
スケッチを描いているときもよく思うことがあります。

自分が面白く感じた箇所や場所を無意識に大きくデフォルメして描いていることです。

たとえば、実際は小さな玄関、でも何か形が変わっている、色がおもしろい
可愛い女の子が玄関から出てきた、等々気になるとそこだけ大きく変形した形に
知らぬ間に描いています。

後から見ると建物の比率がむちゃくちゃてことが多々あります。

しかし、玄関の何かが私の心の琴線にふれ私の頭の中には
このように見えているにかも知れませんね。




  1. 2010/07/06(火) 20:27:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

デジカメに修めました。

家


夕方家への帰り道あまりに夕日が美しのでデジカメに修めました。

雲の形と夕日の光によって出来る、ブルー、パープル、
オレンジなどの色が織りなす風景はいつまで見ていても飽きません。

夕陽

家に帰り、デジカメの画面の夕陽を見ると、
色もスケール感も、自分自身が感じたそれとはひどくかけ離れたものを感じました。

どうも人間の目は自分が感じとった物だけを
鮮やかなスケール感を持って記憶している様に思います。


  1. 2010/07/05(月) 19:24:54|
  2. 地球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成阿倍野絵巻

リング


阿倍野近鉄百貨店の工事現場を囲う大きな塀に平成阿倍野絵巻と銘打って、
人や動物、植物等々が画面に流れる様に情緒豊かに描かれています。

壁画

肩の力を抜いた絵のタッチがその工事現場の空間を温かい物に変えていました。



  1. 2010/07/02(金) 21:40:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ビアガーデン

ビール


夏といえばビアガーデンが風物詩となっています。
ビルの屋上で大ジョッキを傾ける女性が新聞の一面に載ったりもしました。

夜景を見ながら夜風に吹かれて安く飲めて、私も昔はよく行ってました。
ところがいつ頃からかビアガーデンがガタッと減りましたね。何ででしょう?

通勤途上にプラットホームから見えてる小さな飲み屋さんの
これまた小さな屋上テラスに工事の人が上がって何やらしてました。

しばらくすると赤青黄色の提灯がつきました。

どうやらビアガーデンのようです。
民家の間に立っていて上からでは隣の家の屋根くらいしか見えないと思うのですが…

まだお客さんが飲んでる風景は目にしていません。

久しぶりにビアガーデンに行ってみたくなりました。


  1. 2010/07/01(木) 16:45:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0