イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

スケッチ

スケッチ

帰りの満員電車の中。

隣に立っていた若い女性がちいさなノートと
シャーペンをバッグから取り出しました。

何やら描き始めました。

手の指を描き、女性の横顔をスケッチしています。

窓際に座って熱心にスマートフォンを操作している女性でした。
立っている人たちの隙間から目線を動かし、素早くスケッチしています。

駅に着き少しばかり立っている乗客が減りました。

その女性は少し立ち位置を変え、
離れた座席に座り窓に頭を寄せて眠っている女性を描きだしました。

しばらくして私の降りる駅に着いてしまいましたが、
そのスケッチへの貪欲さと早さとうまさにもっとスケッチブックを覗いていたいと思いました。




スポンサーサイト
  1. 2011/08/30(火) 16:31:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「ツクツクボウシ」が鳴いていました。

子犬

用事で吹田市の万博公園の近所に行きました。

「ツクツクボウシ」が鳴いていました。

小さい頃、夏も終わりかけ宿題がたまっているのも忘れて、
「ツクツクボウシ」を追いかけ林の中を駆け回っていました。

このセミ、木の高い所に止まっていてなかなか
捕まえられなかったのを思い出します。

たまに捕まえると友達に見せびらかして「どうだ~!!」
と鼻高々でした。

「ツクツクボウシ」の鳴き声を聞くと夏の終わりを感じます。


  1. 2011/08/29(月) 22:04:11|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸山雄進堂」に行きました。

水墨

和紙が必要になりネットで調べて大阪ミナミにある
「丸山雄進堂」に行きました。

それほど大きくない店内に和紙と筆が置かれていました。

店主の方のお話を聞くと、「和紙も置いているが元々筆屋です。」とのこと。

どの筆を見ても風格を感じられるものばかり。

「安い筆は油抜きするとき化学薬品を使うが、
良い筆は灰でじっくり油抜きをするため筆の先が割れにくい。

プロが何処の筆を使っているかは企業秘密。

プロは箱単位で買われるよ。」等々、

膠の話から、顔料の話・・・買い物も忘れて話の面白さに引き込まれました。


今度は筆を買いにまた寄ろうと思います。







  1. 2011/08/26(金) 10:34:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

切り絵

一休み

神戸市アートビレッジセンターで
東君平さんの切り絵の原画を初めて見ることができました。

毎日新聞に長い間連載されていた「おはよう童話」以来のファンです。

やなせたかしさん編集の「詩とメルヘン」という雑誌にも掲載されていました。

東君平

46歳で亡なられてもう25年もたつんですね。

娘さんの東奈菜さんも絵本作家ですが、
ご自分が46歳になられたのを機会に親子展をされました。

切り絵で現わされるシンプルなラインの動物や虫や子供の姿も好きですが、
さりげなく添えられた詩が大好きです。

ふっと頬がゆるんだり、うなづいたり、考えさせられたり、
シュールな内容にうなったり。

君平さんの生きているもの全てにそそがれている
深い慈しみのようなものを感じます。

また原画に出会いたくなったら
山梨県の「くんぺい童話館」に出かけましょう。



  1. 2011/08/23(火) 17:25:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

蓮

お寺さんのお堂の前に大きな鉢が。

その中に、人の高さもありそうな蓮が植えられていました。

柵がありお寺の中には入られませんでしたが、
美しいピンクの花がこちらまで匂ってきそうでした。(蓮て匂いあるのかなぁ?)


「お寺に蓮」絵になりますね。



  1. 2011/08/18(木) 21:39:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「第一回 関西日曜画家展」

風景

「第一回 関西日曜画家展」を見に行きました。

昨年まで開催してきた「大阪日曜画家展」を発展させ、
作品募集エリアを関西圏に拡げたとリーフレットには載っていました。

こういう形の展覧会を府が主催で行っているのですね。


きっと油べたべたの作品ばかりだろうなと思っていましたが、
水彩あり版画あり、立体ありと目を楽しませてくれます。


私が気になった作品は中村啓子さんの「oya-oya-2011」
高野暢子さんの「和2011」

作品を見ていると新しい物語が浮かんできました。


8月20日まで大阪府立現代美術センター展示室で行われています。




  1. 2011/08/16(火) 22:22:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

三千佛堂

仏様

一心寺の境内東側に隣接した所に三千佛堂があります。

4月の人形劇フェスティバルの折りに初めて知り、
久しぶりに立ち寄ってみました。

三千佛堂01

半球状のドームの上に仏様が何百体もおまつりされています。
黒色のド-ムに金色の仏様が神々しく輝いています。
ドームの上に仏様、ちょっと不思議な感覚です。

ドームの中は小劇場のようになっており
人形劇フェスティバルのときはここで人形劇が上演されました。

三千佛堂02

その舞台?ではお寺さんがお経を読まれていました。

独特のお経のリズムと正面の壁に描かれた仏様の絵が不思議にシンクロし、
仏様の体内にいるような不思議な感覚にとらわれました。

何とも現代的なこのお堂を考え出されたのは
どんな方なのかとても興味が湧きます。



  1. 2011/08/12(金) 22:16:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

緑のカーテン

形

我が家も暑さ対策に
緑のカーテン(ゴーヤとアサガオ)を植えています。

毎年植えているのですが、途中で何故かしら成長が止まってしまい、
暑さ対策の何の役にもたっていませんでした。

でも今年は何がよかったのか蔓が何と一階の屋根まで伸びてくれています。
(蔓と蔓の間がすこすこなのでほとんど日射し対策にはなっていませんが…)

先日蔓をよく見ると「へた」のような物が一本だけぶら下がっています。

ゴーヤ

「ゴーヤの実!!」

なんと実まで付けてくれているではありませんか!
ゴーヤに感謝、感謝です。

実が大きくなるのを楽しみにしています。

ああ~やっと我が家の夏の味があじわえる~!!


  1. 2011/08/10(水) 07:21:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展」

宇宙

三重県立美術館へ「ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展」を
見に行きました。

福田繁雄氏と言えば「だまし絵」的な作風で
世界的に有名なグラフィックデザイナーです。

昔NHKの番組だと思うのですが、氏のお宅でのインタビュー番組がありました。
確かな記憶ではないのですが、家自体が「だまし絵」のような感じだった気がします。

その中で一つ覚えているのは、
天井に逆さまに取り付けられた植木鉢から花が咲いていました。

驚き!!でした。

福田ポスター

いつも何処か反対の方向から覗いて喜んでいる
子どものイメージがあります。

今回の展覧会でその思いはさらに強くなりました。

取っ手が一杯付いたコーヒーカップや三つに分かれたスプーンなんかの作品を見ると
「子どものいたずら」と言うワードが浮かびます。

「こんなことしたら面白いだろう!」
の遊び心が作品の随所に感じられます。

その遊び心を自分一人が所有するのではなく、
みんなで楽しもうと言う思いが伝わって来ました。

会期は9月4日まで。お勧めです。


  1. 2011/08/09(火) 08:17:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

パンダのキーホルダー

パンダ

なにげなしに入った雑貨屋にその陶器はありました。

まん丸いボールに目鼻が付いたライオン。

スウェーデンの陶芸家リサ・ラーソンの作品でした。

面白い造形に驚きました。

yondaパンダ

今、新潮文庫を2冊読むと(買うと)リサ・ラーソンさんデザインの
パンダのキーホルダーを貰えるとのことで早速応募シールを送りました。

先日パンダのキーホルダーが送られて来ました。

なんとも味わい深いと言うのか、本当にパンダなのか
斜め後ろから透かして見ると違う動物が出て来そうな、そんな感じのするパンダでした。

彼女やはりただ者ではありませんね!!


  1. 2011/08/05(金) 16:23:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

封筒

封筒

宛名の上に紙を貼り、リユースした封筒で
おたよりもらったことあります。

郵便局払いの消印のみになっていると
その上から切手も貼りやすいです。

そんな折りに知り合いの工務店さんから届いた
封筒のデザインに目がいきました。

A4サイズの封筒の上4分の1くらいに宛名も送り主名も入っています。
残りの下部分は空白です。

その上を切り取れば封筒になるようにふた部分の線も書かれています。

裏面に再利用できます との一言も書かれていませんが、
「また利用してくださいね」 との思いは充分伝わってきます。

こういうふうにさりげなくできることから
資源の再利用を広めていくのって大切だなと感じます。

山本博工務店さん 封筒使いますよ!


  1. 2011/08/04(木) 15:38:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ぐにゃっとした感覚。

虫

ヤマボウシの木に水をやっていると、
枝が妙に曲がっているのに気付きました。

どう考えてもこの枝は、半円の形に曲がらないだろ~?

近くによってよく見るも枝にしか見えない!
でも、どうも怪しい?

トングでその枝を引っ張ると、ぐにゃっとした感覚。
無理矢理枝から取り外すと、枝と同じ形態をした昆虫(芋虫?)でした。

頭に角が二つあり初めて見る虫でした。

同じ様に枝に似ているナナフシには親しみを感じますが、

この虫には一歩引いてしまいました。






  1. 2011/08/01(月) 19:29:53|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0