イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「大阪マラソン応援よさこい祭り!」

マラソン

知り合いが「大阪マラソン応援よさこい祭り!!(名称はいいかげんです!)」に
出場するとのこと。

早速、南港にある大阪マラソンゴール地点に向かいました。

南港ポートタウン線は人ひとでギュウギュウの満員状態、
皆さん「大阪マラソン」の応援に行くようです。

駅につくも会場が分からず20分ぐらいウロウロ。
沿道には応援の人の列がず~と続いています。

その中をマラソンランナーが駆け抜けて行きます。

頭に白鳥の頭を乗せ、バレリーナの格好をした男の人、
ワンピース、タイガーマスク、サザエさん、
キューピーマヨネーズの着ぐるみをかぶった人と、
人それぞれ個性を演出し楽しんでおられました。
(あの格好でフルマラソン走れるなんてすごい!)

大阪マラソン

電話をしながら、ビデオ、写真を撮りながら走られる方。
そんな姿を見ていると、
タイムだけがマラソンではないことを教えてもらいました。


「よさこい」の方は3時頃から雨が本降りになり、
舞台の上で滑られる方もいる中、どのチームも元気に踊りきられました。

本当にご苦労さまでした。



スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 19:16:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「お米」

田圃

「三線コンサート」の続きです。

ギャラリーの中に「お米」が展示されてありました。

本物かと思ったのですが、
紙粘土で作られているとのこと。

安部寿紗さんの作品です。

半紙に線香で小さな穴を何百と開け、
穴一つひとつが「お米」を表している作品。

白色の布を縫い合わせたキルトで「田んぼ」を表現した作品。

ついに「お米」への情熱が高まり「米文字」なる物まで創っています。

この文字で憲法の条文を書いています。
何と訂正印は「梅干し」マーク!

「お米」へのただただ熱い思いが伝わってきました。

10月29日(土)と最終日11月6日(日)
ギャラリー「あしたの箱」に来られるそうです。

安部寿紗さんのブログ http://amuwa.jugem.jp



  1. 2011/10/28(金) 16:56:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

三線

三線

日曜日、阿倍野のギャラリー「あしたの箱」に、
「譲原えりか、三線ミニライブ」を聞きに行きました。
(あしたの箱 http://ashitanohako.com/hako/)

譲原さんは現在音大の大学院生、琵琶を専攻されているそうです。

今年の夏に沖縄に行き一週間ほどで三線をマスターされたとのこと。
琉球ことばの歌詞も覚えられているし「すご~い!!さすが音大生!!」。

実際三線を触らせて頂いたのですが、
ギターの様にフレットがなく戸惑うばかりです。

音の高さを決める笛はあるのですが、その日の自分の気分で合わしており、
そのアバウトさがヨーロッパのクラシック音楽にない面白いところだと話されていました。

彼女の澄んだ声と沖縄民謡独特のリズムが
何ともいえない心地良さをもたらしてくれました。


  1. 2011/10/25(火) 20:59:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「お寺でJAZZ」

ランタン

今年から「空堀まちアート」がなくなり寂しいかぎりです。が、

雲雷寺で行われていた「お寺でJAZZ」は今年も開催され、
先日の土曜日聞きに行きました。

お寺jazz

今回もトロンボーンにTommyさん、ピアノに小國雅香さん、
ベースに東ともみさんと、いつものメンバーに加えドラムに今売り出し中の
衣笠智英さんと言うのりのりのメンバーで行われました。

何回聞いても生演奏は迫力があります。

トロンボーンの音などマイクなしで寺の講堂の隅々まで響きわたっていました。
ピアノはピアノで鍵盤の上を踊っているし、
ドラムとベースが料理のスパイスのように「音」に彩りを添えてくれます。

今回も「深海魚の夢」を聞くことができ幸せでした。

帰り道北風の冷たさを少し感じたのですが、
頭の中は音が鳴りっぱなしでした。



  1. 2011/10/24(月) 19:34:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

だまし絵看板

人

前にブログで紹介しましたJR環状線「新今宮」駅から見えた「ビル」。
人物の形に切り抜かれた板がビルの壁面に取り付けられています。

その「ビル」近くまで行きました。

看板1

ビルの下を通るだけだと全く人型の板に気づきません。
これって、電車から見える様に設置されているようです。

看板2

人物の影は自然光だと思っていたのですが、描かれた物でした。

制作会社のビルなんでしょうか?

グラフィックデザイナーの福田繁雄さんの作品を思い出します。

だまし絵ぽくって気に入りました。



  1. 2011/10/20(木) 19:47:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

告知大型ポスター

走る

大阪マラソン告知大型ポスター。

まさか地下鉄の森ノ宮駅で見るとは思いませんでした。
改札口近くの柱全面に巻き付けられていました。

大阪マラソン1

確かスタート地点は大阪城のはず。
JR「森ノ宮」駅を利用するなら道路づたいに歩くので、
ポスター見ないだろなあ~。
ということはあえて地下鉄「森ノ宮」をアピールするためなのかな…?


地下鉄「森ノ宮」の一日の乗降客数はどれぐらいなのでしょうか?
梅田、なんばに比べると・・・

ポスター見てふとそんなことを考えていました。


  1. 2011/10/20(木) 11:22:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「木津川渡船場」

木津川水門

何かの雑誌かパンフレットで
大阪市には何カ所か渡し船があるのを知っていました。

木津川沿いを自転車で走っているとありました。

「木津川渡船場」料金無料、
自転車ごと船に乗り込めます。

渡場

周りは工場が立ち並び川の下流を見ると
海が間近に感じられ心持ち潮の匂いが。


ものの5分ほどで対岸に運んでくれるのですが、
何かよその県に旅行に来た様な気がして少しワクワクしました。



  1. 2011/10/17(月) 16:41:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「木津川駅」

木津川駅

「おっと!!」驚きました。

大阪市内に「無人駅」があるなんて!

自転車に乗って大正区をウロウロしていたのですが、
突然目の前に! ここは山奥の秘境駅か?

人を見かけません。駅前は原っぱがあるだけで
コンビニもマクドも何もありません。

ただぽつりと少しレトロな駅舎があるだけ。

自動改札機が設置されているので現代と感じますが、
2,30年前にタイムスリップした感じです。

自転車が何台か置いてあるので乗り降りされる方が
あるようですが。


南海高野線「木津川駅」
興味のある方は一度覗いてみては。


  1. 2011/10/15(土) 21:06:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「百田尚樹さんを囲む会」に行って来ました。

百田尚樹

10日谷町6丁目にある隆祥館書店で行われた
「百田尚樹さんを囲む会」に行って来ました。

狭い会場は4~50人の人でギュウギュウ詰め状態でした。

黒のシャツに黒のパンツと言ういで立ちで
大きな体を少しかがみ込みながら現れました。

チケット

その日は処女作「永遠の0」の作品について熱く語られました。

今まで放送作家として活動して来たのだが、
50才を目の前にして何も残っていない、
このままでいいのか?何か自分の思いが形になる物として残したい。
それが作品「永遠の0」に。

作品は出来上がったが出版社が見つからず、
文藝春秋社に原稿を送るも封筒の封も切らずに送り返された。

何とか知り合いの出版社で出版が決まったのだが、
その後講談社からのお誘いの話があったとか。

ファンの方からの質問にも、ひとつひとつ丁寧に答えておられていました。


話の面白さについつい引き込まれていき、あ~と言うの2時間でした。



  1. 2011/10/13(木) 21:01:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「よさこいソーラン」

芽

日曜日に難波宮跡で開催された
「大阪あきない祭り」を見に行きました。

あきない祭り

特設ステージでは「よさこい大阪大会」が行なわれていました。

おばちゃんばかりのチームや子どもたちだけのチームや
老若男女の入ったチーム等々が次々と「よさこいソーラン」見せてくれました。

それぞれどのチームも衣装が凝っていて、踊りながら変わる衣装もあったりと
驚くほど素人離れしたチームもありました。

よさこいソーラン


みんなで練習を重ねてひとつの舞台を作り上げていき
目一杯楽しんでいる人たちを見ていると、私まで楽しくなりました。



  1. 2011/10/12(水) 21:56:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「オリーブの実」

青いライン

家に植わっている「オリーブの実」
はもうパンパンに膨らんでいます。

もうそろそろ食べられると思い、
ネットで調べるとオリーブオイルの作り方や
料理の仕方などがいろいろ載っていました。

オリーブ

その中で「オリーブの実には細菌の感染が多く出来るだけ食べない方が良い。」
と書かれているものがありました。


本当なんでしょうか?


初めて我が家でできたオリーブの実 無駄にはしたくなくて食べてみたい反面、
やはり怖さもあってここ2~3日実を眺めては思案しています。




  1. 2011/10/04(火) 17:52:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0