イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「陸上自衛隊信太山駐屯地創立60周年記念行事」を見に行きました。


迷彩


春の陽気の中、「陸上自衛隊信太山駐屯地創立60周年記念行事」を見に
和泉市にある陸上自衛隊の駐屯地に行きました。

案内板


午前11時前ぐらいに着きました。

店が出たり、巨大なエアーマット遊具ありで
人で溢れかえっていました。

駐屯地の中にはレストラン、コンビニがあり、

コンビニの片隅には、迷彩色のリック、帽子、手袋などのオンパレード
••••実際にこれらを使っているのだろうか?

幅約10センチ長さ50センチほどの迷彩色の帯状の物を
手に取って見ていると、係の人が声をかけてくれました。

これにベルトを通して、装備品を腰に引っ掛けるために使う物とのこと。

その人の説明では、隊員一人20キロの装備を持って20~30キロ行軍するらしいです。
毎年、年齢に関係なくこの行軍テストを受けねばならず、
完走しなければ、成績に影響されるとのことです。

低山登山でも「ハ、ハ、」と息を切らしている私には考えられない世界です。

演習01

グランドの端には、役目を終えた戦車、ヘリコプターに子どもたちが群がって、
はじめて見る本物に心を奪われていました。

演習02


トイレに行こうと建物の中を歩いていると、天井が爆音とともに大きく揺れ
ビックリ!!

何が起こったんだ?!
あわててグランドの方に行くと黒山の人だかり。

人と人の隙間からグランドの方を覗くと、実践演習が行われていました。

空にはヘリコプター、地上には装甲車、戦車が走っています。
周りを見ると、メガホンの様な巨大なレンズを付けたカメラを持った人がウヨウヨ。
みなさんはこれを目当てに来ているようです。
それにしても、
機銃や大砲の音がこれほど大きく、音だけで心臓が縮む想いでした。



葉桜の見送りのなか、駐屯地を後にしました。



スポンサーサイト
  1. 2017/04/19(水) 11:40:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「クラーナハ展」行ってきました。



空気入れ02


クラーナハ展」に行ってきました。
あまり期待していなかったのですが、
面白かったです。

知人から「よかったよ!おすすめ!!」と言われていたので、
時間を取って行ってきて、良かったです。


クラーナハ展


実はこの画家の存在は全く知りませんでした。
解説によるとドイツ・ルネサンスを代表する
芸術家とのことです。

この画家、宗教画の延長で女性の裸婦像を結構描いています。

しかし、この画家が描く女性は
イタリア・ルネサンスで描かれていた理想的な女性像、女神ではなく、
「人間の女性」を描いています。

そのどれも、淫靡、艶めかしのです。

薄いレースの様な物を羽織っているのが、余計に女性の性を
感じさせます。

まさに、展覧会の副題「五百年後の誘惑」です。

また、宝飾品を身に付けていますが、この描写が異常に細かく
肉体から浮き立っているように見えます。

画面に引きつけられて、一度観ると忘れられなくなるのは、
こんな秘密が隠されているからではないでしょうか。

和歌山に住む知人に感謝です。

会期は4月16日まで。大阪の国立国際美術館。
興味のある方はお急ぎを!



  1. 2017/04/12(水) 10:36:37|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「藤城清治 光の楽園展」に行ってきました。


人形


「藤城清治 光の楽園展」に行ってきました。

藤城清治展

今年新しく制作された大阪の絵、6mX3m四方の大作で
通天閣、あべのハルカス、大阪城からアメリカ村、天保山の観覧車、
梅田••••隅々まで全く手抜きなく描かれていて圧倒的な迫力を感じました。


期間限定ですが、影絵に明かりが入る瞬間を見せてもらえるとのことで、
開館時間の少し前から入館させてもらえました。
10時前にカウントダウンされ、その大パノラマ絵が
影から光を得る瞬間は、幻想的で静かで素敵な初体験でした。


制作中に脊椎狭窄症の手術をされたようですが、
93才のご高齢でなおこのパワー凄いです!



舞台裏も見れるように展示された影絵劇や、鏡と水に作品を写して
奥行きと永遠の広がりを感じさせてくれる展示の仕方もとても良かったです。
自筆の文字での作品への想いを読みながら、見応えのある展覧会でした。


まだまだ、お元気に作品を作り続けてほしいです。






  1. 2017/04/09(日) 10:41:39|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野崎観音から飯盛山に登ってきました。

冬眠


先週の日曜日、桜にはまだ早かったのですが、
落語の「野崎参り」で有名な
大東市の野崎観音を通り飯盛山に登ってきました。


山道では、分岐点がいくつも分かれており、
道に迷っていると、この山の主の様なおじいちゃんに会いました。

手製の杖とジャージに簡単なリックという出で立ち。

道標を見ていると、訊く前に道を教えてくれました。
年間300回はこの山に登っているとか。
わかりやすく親切な案内で、ありがたかったです。

飯盛山

2時間ほどで頂上につき、展望台からは、あべのハルカスも見えました。

まだつぼみでしたが、桜の樹が多く、桜見のシーズンになれば、
登山客で頂上は一杯になるのではないでしょうか。
満開の桜の景色を想像しながら、うぐいすの声に耳を澄ませました。


帰りは四条畷神社の方に降りました。

雑貨カフェ


絵本作家の谷口智則さんの雑貨カフェがあると聞いていたので、
立ち寄るのを楽しみにしていたのですが、
日曜日は休業日で残念でした。

シャッター前は画家らしいユニークなもので、目を引きます。

飯盛山は300メートル余りの登り安い山で、頂上までのルートもたくさんあって、
近くなら毎日登山に良さそうな山でした。


これからは、ハイキングに最適な気候がやってきますよ




  1. 2017/04/02(日) 18:45:16|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0