FC2ブログ

イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「六甲ミーツ・アート2017」に行ってきました。


ブタ


今年も「六甲ミーツ・アート2017」に行ってきました。

今年は、六甲山ホテルから離れた六甲山牧場も会場に加わり、
会場エリアが格段に広がっていました。

そのため、スピードアップで作品を見て回ろうと思っていたのですが、
六甲山ホテルと六甲山牧場のバスの便が少なく、非常に手間取りました。

でも、バスの待ち時間、ひつじと触れあえました。

これから行かれる方はくれぐれもバスの時間は要確認です。

それと、この前の台風22号の影響で壊れてしまった作品が数点ありました。

六甲カンツリーハウスの中庭の池に設置されていた井口雄介さんの作品
「六甲富士」は池の上に悲しく角材が積み重なるだけの状態になっていました。

六甲富士

きれいに水面に映っている作品を後からネットで知ったので、
余計に見たかったなと残念でした。


大きい作品というのはそれだけで意味があるなぁと思わせたのは、
六甲オルゴールミュージアムの庭に展示されていた、奥田章人さんの作品です。
直径3~4mの球状の透明なビニールが4点、木々の中に置かれています。
これだけのことなんですが、周りの木々と相まって、何故か心を踊らされました。

球体01

球体の中にも入れるとのことでしたが、まだ満タンに膨れていなくて
入ることはできませんでした。これもまた残念。

同じ場所に展示されていた「ドラえもん」のフィギュアが何百体も重なり合い、
恐竜の姿を形作っている藤浩志さんの作品も印象に残ります。

どんな欲望でも叶えてくれる「ドラえもん」本当は恐竜なのかもしれませんね。

恐竜01



六甲高山植物園の映像館で見た
榊原澄人さんの作品には、心を動かされました。
画家のブリューゲルがアニメを作ったらこのような作品になるのかなと
思いました。


全作品36点をスタンプを押しながら見て回っていると、
どっかのスランプラリーに参加している様な気分になってきます。

全スタンプ押しても、何のプレゼントもでないのですが。

坂道を登ったり下ったりの疲労感を感じた一日でしたが、
今年も何とか全作品を見終えたと言う高揚感でいっぱいになりました。




スポンサーサイト
  1. 2017/10/31(火) 11:21:20|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0