FC2ブログ

イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「童子」

なし

奈良の平城遷都1300年祭の公式マスコットキャラクター「せんとくん」の生みの親、
籔内佐斗司さんの作品展が、天満橋にある「あーとスペース夢玄(むげん)」で行われていました。

子ども「童子」のブロンズ作品と版画が展示されていました。

「童子」がほうきを持ったり、猪の仮面を冠ったり、転がったりとユーモラスな姿を見せていました。

その中に「せんとくん」の兄さん像がありました。
兄の方が顔が少し精悍な感じがする以外、服装も立ち位置も同じのようでした。

作者の人柄なのでしょうか、作品全体に前向きなメッセージがこめられていました。



スポンサーサイト



  1. 2010/04/22(木) 21:03:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ハナミズキが咲いていました。 | ホーム | 思わずぶつかりそうになりました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/331-407ad7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)