イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

『俺の職歴 ― ゾーシチェンコ作品集』

book

ロシア文学は、昔から苦手でした。
名前がやたら長く、なかなか話しが進まず、イライラしてきます。

確か高校のときに読んだトルストイの
アンナ・カレーニナは最初の50ページくらいであきらめました。

昨年、ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟に挑戦したのですが、
これも上巻で挫折しました。


私の知り合いにロシア語の翻訳をされている人がいます。

アルファベットを逆さまにしたような文字の何処が面白いのか、
常々思っていたのですが、
言葉の裏に秘めた意味合いを発見するのが楽しいのだと言っています。

今度,その知人とその仲間の方たちで翻訳した本が出版されました。

『俺の職歴 ― ゾーシチェンコ作品集』(群像社 1575円)

この本を買い、もう一度ロシア文学にチャレンジしようと思います。




スポンサーサイト
  1. 2012/03/23(金) 10:17:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「さいごの色街飛田」 | ホーム | サクランボの木>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/672-494bb1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)