イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「さいごの色街飛田」

井上

金曜日、「さいごの色街飛田」のノンフィクション作家の
井上理津子さんを囲む会に行ってきました。

場所はいつもの隆祥館書店です。

「さいごの色街飛田」はず~っと気になっていた本です。

飛田は大阪の人ならご存知だと思いますが、釜ヶ崎の近くにある色街の事です。
この街に一歩足を踏み入れると別世界に入り込んだ気がします。

飛田 本

良く取材が出来たなぁ~。それも女性の方が! 驚きでした。

どんな方なのか興味津々でしたが、
拝見する限りは大阪に普通におられる女の人て感じでした。

初めて取材に行ったときは、塩を撒かれて
尻尾を巻いて逃げ出そうとしたそうですが、
帰り道商店街のパチンコ屋から流れる「軍艦マーチ」を聞いたとき、
この辺りで生活している人も普通の人と何ら変わらないんだと気付き、
もう一度チャレンジしたそうです。

いやはやそのバイタリティーには驚かされるばかりです。

取材から本にするまで、12年かかったのは分かるような気がします。

隆祥館書店の皆さん本当にいつも良い企画を立てて下さりありがとうございます。

次回はどんな作家の方に出会いどんな話が聞けるのか楽しみにしています。




スポンサーサイト
  1. 2012/03/26(月) 22:23:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「ポロックの見方教えます。」 | ホーム | 『俺の職歴 ― ゾーシチェンコ作品集』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/673-d6111c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)