イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「Sewing Gallery」

水

面白いギャラリーがあると知り合いに教えてもらい、
枚方市にある「Sewing Gallery」を覗きに行きました。

洋裁学校01

京阪交野線「星ヶ丘」駅から坂道を登ること約10分、
昭和レトロを感じさせる星ヶ丘洋裁学校の看板が見えて来ました。

建物も昭和レトロ(昔の木造の小学校の様でした)そのもので、
教室の一室がギャラリーとして解放されていました。

その日はYuko Maruokaさんの「あおのにわ」展が開催中。
部屋一杯に紙粘土?で作られた魚たちが泳ぎ回っていました。

洋裁学校02

開け放たれた窓からあふれる太陽の光と
魚のオブジェがシンクロしてキラキラと輝いていました。


一服がてら、喫茶店があると聞いていたので建物の裏に回りました。

探すもそれらしい建物が見つからず、たまたま見かけた人に聞くと…。
「隣?」「えっ!!」
農家の納屋の様な建物が…?

洋裁学校03

扉も窓も開けっぴろげ、虫やカエルも来店OKてな感じ。

洋裁学校04

室内にはラテンのユル~い音楽が流れ、キツツキの仲間のアカゲラ?が、
店の入口前に植わっている桜の木を突いています。

洋裁学校06

店の裏からは若者3人がウクレレをポロン、ポロンと鳴らしています。
ロハスと言う言葉はこうゆう時に使うかのように、
全く時間が時計の針と関係なくユル~く流れていきました。

のんび~りしたい時には穴場の場所です。





スポンサーサイト
  1. 2012/08/03(金) 11:38:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<日章丸事件て知ってる?」 | ホーム | 森のふしぎな仲間たち」展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/684-4f0c03ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)