FC2ブログ

イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「古本まつり」

古本祭り

先日、京都下鴨神社でおこなわれている「古本まつり」に出かけました。

神社の参道に50店ほどの「古本屋」さんが集まって
いました。

入り口から眺めるも出口の方は見えないくらい
両側にぎっしりと店が並んでいました。

暑い中、一店一店見ていくだけで「ぐったり」なって行きそうです。

手荷物一時お預かりサービス・宅配荷造りサービスと
ココロ嬉しいサービスが目につきます。

用意よろしく大きなキャスター付きバックを
転がしながら本屋を回っている人を見かけました。

萩書房

店の途中、途中に「もうせん」を敷いたベンチが設けられていましたが、
かき氷やうどんの出店は入り口にあるだけで喉が乾いた人は
入り口まで戻らなくてはならず、少し不便でした。


「寸葉」と言う戦前の絵はがきばかりを集めた店がありました。

宛名も書かれたままの状態の物もあり、売り物になるんだなあと、少し驚きました。

敗戦から60数年経ちますが戦前を近くに感じました。
掛け軸、日本語で書かれているのに全く読めな古い本、
LPレコード、友禅の端切れ、ありとあらゆる古い品々が置かれています。

何か目的を持って見に行かないと、
一日で回るのはとても無理なくらい書籍類であふれていました。

数冊気に入った絵本を買いましたが、重たかったです。

今度行く時はキャスター付きバックで行きましょう!




スポンサーサイト



  1. 2012/08/21(火) 08:17:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「メダカのあかちゃん差し上げます」 | ホーム | 「かわいいって なんだろう?」展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/687-555370b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)