イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

京都市立芸術大学の作品展を見てきました。

先日の日曜日に京都市美術館で行われていた、
京都市立芸術大学の作品展を見てきました。

広い展覧会場に油あり日本画あり版画、漆工芸、
陶器、染め物、プロダクトデザイン、等々
盛り沢山の幕の内弁当状態でした。

あまりに見るものが多くて、何がなんだか最後の方は分からない状態でした。
(時間が惜しくて昼食も取らずに見続けていました。)

そんな中、
CLEAN GIRLSさん(女性)の「ワーク・ライフ・バカンス ガラスの隔壁に濡らして」が
とても印象深く、面白かったです。

ガラスの隔壁1


映像作品です。ズボンだけがグレーでほか帽子、マスク、長靴、シャツ、全てピンクの
作業着姿の女の子がいきなりコンビニやハンバーガーショップ等の窓ガラスに洗剤を振りかけ、
ガラス拭きを行うパフォーマンス。

かなり強烈でした。

ガラスを水で洗うシーンでは持って来た水の入ったペットボトルを
やおら股間にあて男の立ちションのスタイルで上下左右に振り回します。

これって何なの?

店内にいた男性客は目ん玉が飛び出さんばかりに驚いていました。

ガラスの隔壁2


展示会場にいた作者の若き女子大学院生のCLEAN GIRLSさんに
お話を聞く事ができました。

最初は動物の着ぐるみで始め、
その後は軍隊の迷彩服に猛毒マスクで街中を便器を引っ張りながら歩いたり、
そして今回は作業着になったそうです。

このパフォーマンス、店の人には断わらずにしているそうで、
一度ガードマンの方に呼び止められましたが、
ほとんどの人は無関心で何も言われた事がないとのこと。

大学内のトイレが汚くて冷たいので、
立ちションの練習もした等々面白いお話を聞かせてもらいました。


展示物の名前を見ているとほとんどが女性!! 
男性は何処へいってしまったのでしょうか!

アイスホッケー女子は早々とオリンピック出場を決めているし。
女の人は凄いですね!

どうやら21世紀は女性の時代になってきています。



スポンサーサイト
  1. 2013/02/21(木) 18:04:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<卒業展 | ホーム | 「刃物祭り」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/705-c62124e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)