イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

柿右衛門の赤色



天使

一年近く陶芸教室に通っていました。

そこでの話ですが、習っている先生から
有田の陶芸家、柿右衛門の赤色は何を
使って赤を出しているか知っていますか?
との質問。

昔、油絵の具の赤色(バーミリオン)を買おうと
値段を見て、あまりの値段の高さにビックリした事があります。
顔料によって絵の具の値段がこうも違うのかと、
その時初めて知りました。

そんな事もあり、柿右衛門の赤色は、
きっと値の張る鉱石(水銀?)で
出来ているだろうと思いました。

しかし、先生の話によれば「鉄」を材料に
赤色を作っていると聞き驚きでした。

鉄lってどこにでもある金属じゃないですか?

でも、鉄からどのようにして柿右衛門の赤を作るかは、
未だに公開されていなくて、一子相伝とのこと。

もとより、売られてもいないとのこと。

私がよく使うアクリル絵の具は100色ぐらいあり
欲しい色は買いさえすれば、すぐに使う事が出来るのに。

使いたい色があっても使えない世界があるか!

陶芸の奥深さを少し見た気がしました。



スポンサーサイト
  1. 2015/03/16(月) 21:47:57|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ありえないデザイン | ホーム | 梅を見に行きました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/722-15a22412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)