イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

京都市立芸術大学の作品展を見に行きました。

看板

自分が、想像もしていない作品を見るのは心がときめきます。

休日、京都市立芸術大学の作品展を見に行きました。
油画、日本画、版画、彫刻、染織、漆工、陶磁器、総合芸術学、構想設計、
と見所一杯の展覧会でした。

展覧会

大量の一円玉を回している洗濯機。
新聞を何百枚も張り合わせて創った柱。
アルミ板に描かれていた日本画。

等々、どの作品も、クオルティーの高さを感じます。
それが、堅苦しくなく、見る人に楽しさが伝わってきます。

京都市立美術館の歴史ある古い建物の中で若者のフレッシュな熱い想いを
見るのは、楽しいひと時でした。



スポンサーサイト
  1. 2016/02/12(金) 20:35:05|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「モネ展」観に行きました。 | ホーム | 「ジョルジョ・モランディ終わりなき変奏」展を観に行きました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/736-89f95f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)