イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

京都の「誠光社」に行ってきました。

誠光社

先月、知人が「面白い本屋があるで!」と突然。
何が面白いのかと思いながら京都に行きました。

京阪神宮丸太町に有る「誠光社」。

店長さんは、知る人は知るらしい堀部篤史さん。

店長さんの講演会を聴いたという知人の話を訊くと、
街中の個人の本屋が経営難から消えて行く中、
出版会社と直接取引する方法を取り、本を厳選して
並べることで元気に営業している本屋さんらしいのです。

古い町屋の雰囲気を残したままリフォームされた店舗の中にはいると、
ヨーロッパ圏内の漫画(BD)あり、昔の「ガロ」時代を思い出す作風の日本の漫画あり、
どこかの美術館の目録の本とか、普通の本屋ではない本が小さな店内にぎっしり!


店内に流れる音楽も店長自らが選んだものらしく、本を読んでる間、決してじゃますることなく、
本棚と本棚の間を移動する時にすーっと耳に入り込んでくる瞬間もあったりで、
なかなかの心配りと感じました。

不思議の国のアリスに本屋があったらこんな感じなのかの気分です。

買うつもりも無く入ったのに、
手にはほしい中からやっと絞り込んだ3冊の本がありました。


京都に行った時に立ち寄りたい場所がまた一つ増えました。


スポンサーサイト
  1. 2017/03/05(日) 18:43:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<城南宮と淀に行ってきました。 | ホーム | 「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/739-9256c1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)