イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「クラーナハ展」行ってきました。



空気入れ02


クラーナハ展」に行ってきました。
あまり期待していなかったのですが、
面白かったです。

知人から「よかったよ!おすすめ!!」と言われていたので、
時間を取って行ってきて、良かったです。


クラーナハ展


実はこの画家の存在は全く知りませんでした。
解説によるとドイツ・ルネサンスを代表する
芸術家とのことです。

この画家、宗教画の延長で女性の裸婦像を結構描いています。

しかし、この画家が描く女性は
イタリア・ルネサンスで描かれていた理想的な女性像、女神ではなく、
「人間の女性」を描いています。

そのどれも、淫靡、艶めかしのです。

薄いレースの様な物を羽織っているのが、余計に女性の性を
感じさせます。

まさに、展覧会の副題「五百年後の誘惑」です。

また、宝飾品を身に付けていますが、この描写が異常に細かく
肉体から浮き立っているように見えます。

画面に引きつけられて、一度観ると忘れられなくなるのは、
こんな秘密が隠されているからではないでしょうか。

和歌山に住む知人に感謝です。

会期は4月16日まで。大阪の国立国際美術館。
興味のある方はお急ぎを!



スポンサーサイト
  1. 2017/04/12(水) 10:36:37|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「陸上自衛隊信太山駐屯地創立60周年記念行事」を見に行きました。 | ホーム | 「藤城清治 光の楽園展」に行ってきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/744-ac273439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)