イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「高槻Jazz Street」にいってきました。


形01


入場無料」の言葉にひかれ今月の4日、
高槻市で行われた、「高槻Jazz Street」にいってきました。

毎年この時期に延べ4,000人のミュージシャンが阪急、JR高槻駅周辺で
生ライブを行います。

jazz02.jpg

そこかしこにライブ会場があり、お目当てのミュージシャンも特にいなくて、
どこから見れば良いのか全く分からない状態でした。

とりあえず会場が広ければ有名なバンドが出ているだろ〜うとの
軽い気持ちで高槻現代劇場文化ホールにいきました。

開演30分まえに着いたのですが、もう長蛇の列ができていました。
なんとか席に座ることができましたが、もう少し遅いと立ち見の状態です。

周りを見回すと中高年の人、それも男性を多く見かけ、若い人は目立つほど少しでした。
Jazzは昔流行ったジャンルという感じで、若い人には人気がないのでしょうか?


今回、西山瞳NHORHMバンドがヘビーメタルの名曲をJazzバージョンで演奏されたのですが、
とても新鮮でした。
ピアノの音だからなのヘビーメタル独特のおどろおどろしい音のイメージは消えて、
クラシックをロックにした昔流行ったプログレッシブロックの音に聞こえました。

jazz01.jpg

午後から桃園小学校のグラウンドに場所を移動しましが
ここも人であふれかえっていました。

グランドの周りには屋台が立ち並び、
特設ステージの前にはテーブルと椅子がセッティングされていました。

何とか人をよけよけ前の方に進み、家から持って来た折りたたみ椅子を広げテーブルの隙間から
ライブを見ることができました。

ワインやビールを飲みながら、Jazzを楽しんでるのだか、
お酒を楽しんでるのだか、いい調子の人がたくさんいました。
Jazzを聴くとお酒が飲みたくなるのはみなさん同じようです。

私もしっかり焼酎を持っていっていたので、
青空の下、ほろ酔い気分でライブを聴けて、
気持ちのいいゴールデンウィークの一日でした。



スポンサーサイト
  1. 2017/05/13(土) 17:35:28|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「木×仏像」展(大阪市立美術館)に行ってきました。 | ホーム | 登り窯の手伝いに行きました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/748-e96385d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)