イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「木×仏像」展(大阪市立美術館)に行ってきました。


形01


仏像の顔の真ん中が裂け、裂け目から顔が現れています。
「なんだ、これ!!」
チラシに載っていたこの仏像の写真が気になり
「木×仏像」展(大阪市立美術館)に行ってきました。

仏像

美術館の展示室は薄暗く、スポットライトで仏が浮き立っていました。

このような雰囲気の中、
仏像をギリシャ、ローマ時代の彫刻のように見ることが出来ず、
仏像の前では両手を合わしている自分がいました。


気になった仏様、
「顔の中から顔が出ている仏像」は宝誌和尚(ほうしわじょう)立像で
平安時代中期頃の仏様です。

この時代にこんな発想をする人物がいたとは!

僧侶の顔のなかから十一面観音が現れている姿らしいのですが、
そのユニークさに驚きました。

この表現は今の時代にも通用すると思います。


約60体の神々しい仏像を見たのですが、それだけで寿命が5年伸びた気がしました。




スポンサーサイト
  1. 2017/05/22(月) 20:32:32|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画「メッセージ」 | ホーム | 「高槻Jazz Street」にいってきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/749-1a1f46de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)