FC2ブログ

イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「フェルメール展」



家

混雑が嫌いな私は、見に行くのに躊躇していましたが、
世界に35点とも言われている品、そのうちの6点が
観られるとのコピーに踊らされて「フェルメール展」、見に行きました。

平日なので空いてると思ったのですが(開館30分過ぎに館内に入りました。)
やっぱり人の数がすごいです。

「フェルメール!フェルメール!」と呪文のように唱えながら、
他の作家の作品には脇目もふれず、フェルメールの部屋に直行しました。
ここも人、人、人の頭を観に来ているみたいでした。

こんな事もあろう事かと、単眼鏡を家から持って来て正解でした。

これのおかげで、作品の近かくに行かなくても作品の細部もよく見えました。

一点一点が緻密で何か映画の大事な一場面を切り取った感じがします。
今の時代なら、巨匠と呼ばれているカメラマンてなところでしょうか。

フェルメール01

6点の作品ゆっくり時間をかけて観て行くと、
画面から鳥のさえずりや、人のささやき声が聞こえてきそうです。

「大変やで、手間掛かっとるな〜。時間なんぼ合ってもたらへん!!
これは、寡作になるはなあ~!」
なるほど、世界に35点と言うのも納得しました。


会場を出ると、今から入場券を求める人の列が50mほど続いていました。

混雑てホントつかれますよね。



スポンサーサイト



  1. 2019/04/22(月) 18:20:11|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<登り窯のお手伝い | ホーム | 「河鍋 暁斎展」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://enogudou.blog20.fc2.com/tb.php/773-6e0f691e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)