イラストレーターまえかわひろし の絵具箱

少しピントのズレた目で、日常をスケッチして行きたいと思います。

「クラーナハ展」行ってきました。



空気入れ02


クラーナハ展」に行ってきました。
あまり期待していなかったのですが、
面白かったです。

知人から「よかったよ!おすすめ!!」と言われていたので、
時間を取って行ってきて、良かったです。


クラーナハ展


実はこの画家の存在は全く知りませんでした。
解説によるとドイツ・ルネサンスを代表する
芸術家とのことです。

この画家、宗教画の延長で女性の裸婦像を結構描いています。

しかし、この画家が描く女性は
イタリア・ルネサンスで描かれていた理想的な女性像、女神ではなく、
「人間の女性」を描いています。

そのどれも、淫靡、艶めかしのです。

薄いレースの様な物を羽織っているのが、余計に女性の性を
感じさせます。

まさに、展覧会の副題「五百年後の誘惑」です。

また、宝飾品を身に付けていますが、この描写が異常に細かく
肉体から浮き立っているように見えます。

画面に引きつけられて、一度観ると忘れられなくなるのは、
こんな秘密が隠されているからではないでしょうか。

和歌山に住む知人に感謝です。

会期は4月16日まで。大阪の国立国際美術館。
興味のある方はお急ぎを!



  1. 2017/04/12(水) 10:36:37|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「藤城清治 光の楽園展」に行ってきました。


人形


「藤城清治 光の楽園展」に行ってきました。

藤城清治展

今年新しく制作された大阪の絵、6mX3m四方の大作で
通天閣、あべのハルカス、大阪城からアメリカ村、天保山の観覧車、
梅田••••隅々まで全く手抜きなく描かれていて圧倒的な迫力を感じました。


期間限定ですが、影絵に明かりが入る瞬間を見せてもらえるとのことで、
開館時間の少し前から入館させてもらえました。
10時前にカウントダウンされ、その大パノラマ絵が
影から光を得る瞬間は、幻想的で静かで素敵な初体験でした。


制作中に脊椎狭窄症の手術をされたようですが、
93才のご高齢でなおこのパワー凄いです!



舞台裏も見れるように展示された影絵劇や、鏡と水に作品を写して
奥行きと永遠の広がりを感じさせてくれる展示の仕方もとても良かったです。
自筆の文字での作品への想いを読みながら、見応えのある展覧会でした。


まだまだ、お元気に作品を作り続けてほしいです。






  1. 2017/04/09(日) 10:41:39|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野崎観音から飯盛山に登ってきました。

冬眠


先週の日曜日、桜にはまだ早かったのですが、
落語の「野崎参り」で有名な
大東市の野崎観音を通り飯盛山に登ってきました。


山道では、分岐点がいくつも分かれており、
道に迷っていると、この山の主の様なおじいちゃんに会いました。

手製の杖とジャージに簡単なリックという出で立ち。

道標を見ていると、訊く前に道を教えてくれました。
年間300回はこの山に登っているとか。
わかりやすく親切な案内で、ありがたかったです。

飯盛山

2時間ほどで頂上につき、展望台からは、あべのハルカスも見えました。

まだつぼみでしたが、桜の樹が多く、桜見のシーズンになれば、
登山客で頂上は一杯になるのではないでしょうか。
満開の桜の景色を想像しながら、うぐいすの声に耳を澄ませました。


帰りは四条畷神社の方に降りました。

雑貨カフェ


絵本作家の谷口智則さんの雑貨カフェがあると聞いていたので、
立ち寄るのを楽しみにしていたのですが、
日曜日は休業日で残念でした。

シャッター前は画家らしいユニークなもので、目を引きます。

飯盛山は300メートル余りの登り安い山で、頂上までのルートもたくさんあって、
近くなら毎日登山に良さそうな山でした。


これからは、ハイキングに最適な気候がやってきますよ




  1. 2017/04/02(日) 18:45:16|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白馬五竜へスキーに!


スキー

先週、スキーの日帰り往復バスツアーに参加しました。
信州の白馬五竜へ。

10数年ぶりのスキー、ワクワクしながら物置から大事にしまっていた
スキー靴を取り出すと、靴の踵がボロボロに、「エ~~!!」
プラスチックの経年劣化ですねえ。
結構高かったのに~!ショック!でした。

急きょ、友達から貰ったこれまた古い靴を持って行くことにしました。
「古くても貰って行ってよかった!」

五竜

スキーウエアーと板はレンタルしました。

ターンが簡単と言うカービングスキーに初めて乗ってみました。
このスキーよく回りすぎて、体が板に乗り遅れ転げそうになりました。
これって板の問題ではなく、ただ私が下手なだけなのかもしれませんが。

驚いたのは、ゲレンデをほとんどスノーボードが占めていて、スキーヤーは
2割ぐらいしかいなかったこと。

外国から来られた人が結構おられたこと。
インバウンドをこんなところで見るとはおもいませんでした。

10数年ぶりのスキー、見える景色は変わって来たなと感じました。

雪もたっぷりあり、天気もよく、スキーには最高でしたが、
翌日体はフラフラでした。



  1. 2017/03/21(火) 09:50:18|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

城南宮と淀に行ってきました。


巫女

土曜日のお天気に誘われ、春を待ちかねて
京都の城南宮と淀に行ってきました。

城南宮は梅を観に。600円の拝観料を払い庭園の中に入ると
桃色と白色のしだれ梅の花が入り乱れていました。

満開!

梅の花

匂いこそしませんでしたが、春の匂いを感じました。
苔の生い茂った地面の緑に、
桃色、白色の花びらが鮮やかに映えて綺麗でした。


淀には、桜を観に。こちらは無料。
水路沿いに160本ほどの河津桜が咲き誇っていました。
ソメイヨシノに比べると早咲きで、花の色もピンクが濃い花でした。

こちらも満開!
河津桜

メジロの姿もたくさん見ながら、長い水路沿いにたっぷりと楽しめました。

城南宮は外国人観光客やカメラマンでかなりの人出でしたが、こちらはのんびりと
ゆっくり見て回ることが出来ました。

途中、下津公会堂に寄り、お茶とお菓子を頂きながら、淀さくらを育てる会の方たちから、
「淀の河津桜」の昔話しが聴け、楽しいひと時を過ごせました。

(淀の河津桜は穴場ですよ、人も少なくベンチも多くあり、休みやすみ桜を見ながら歩けるので
楽しいですよ!)



  1. 2017/03/12(日) 16:28:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ